番 組 表
トップページ
探偵団落語会
メンバー紹介
ミッション
メールマガジン
イベント情報
番外編
ショッピング
お問い合わせ

リ ン ク
(社)落語協会
東京かわら版
らくごカフェ
大和田落語会
70年代少年倶楽部
秀チャネル

ミッション
#001
「時そば」のメニューを探せ!
#002
「なめくじ長屋」を探せ!
#003
人力車を引いて「反対俥」の稽古!
#004
電車で巡る 落語スポット!
#005
高尾山で天狗の軌跡を追え!
#006
落語の心霊スポットめぐり!
#007
「茶の湯」を再現!飲めるか?
#008
「ねぎま鍋」を再現!美味いのか?
#009
江戸時代の撮影セット村を探索!
#010
「妾馬」の謎を追え!
#011
江戸時代の罪と罰条を調査

#011 江戸時代の罪と罰条を調査(その1)


時代劇から落語の謎へ
時代劇について考えながら、ふと思うこと。
「遠山の金さん」でも「大岡越前」でも良い。
これらに限らず、時代劇では毎週(再放送なら毎日)必ず誰かが刀で切られて死んでいる。
そんなに物騒な街だったのだろうか?

お裁きのシーンでは、「市中引き回しの上、磔獄門」なんて言葉が出てくる。
何だかとても凄そうな気はするが、それほどよくは分かっていない。
言葉のインパクトから記憶に刷り込まれているが、時代劇のお白州の場で、どの位の頻度でこの重罰が言い渡されていたのかは、あいにく覚えていない。
「磔」と「獄門」はそもそも別なのらしい。

落語にはお白州が出てくる噺がいくつかある。
「三方一両損」、「大工裁き」、「天狗裁き」、「佐々木政談」、「鹿政談」、「小間物屋政談」、「五貫裁き」、「帯久」などなど。
いずれも情け深い御奉行様の裁決が下る。
逆に酷い刑罰を与えるような噺は、とんと思い当たらない。
現代人はそうそう裁判所になんか行くものではない。
それから比較すると、お裁きが登場する落語の演目の比率は高過ぎないか?。

ついでに、泥棒をはじめ、いろいろな悪人が登場する噺も数多くあるが、どこか間が抜けていて、首尾良く悪事を成功させる噺も、とんと思い当たらない。

このあたりの事情を知るためには、一度江戸時代の刑罰について調べる必要がありそうだ。
それに対して江戸の街の人々がどういう感情を持っていたのかを考えれば、これら噺の背景にある人々の心理が分かるかもしれない。




粋歌レポート編へ続く・・・・・>